既婚者の恋愛はタブー

アラフォーにもなると、様々な恋愛を経験していることでしょう。
良い経験もあれば、辛い思い出もあるかと思いますが、そのどれもがあなたと言う女性が輝く源になっているのは間違いありません。
そんな女性が同世代の男性と恋愛をする場合、時には既に結婚をしていると言う人と関係を持ってしまうことも…。

言うまでもなく、不倫は御法度。
出会うタイミングが悪かっただけ?
確かにそうかも知れません。
しかし、事実として相手は既婚者なのです。
本当に大人であるならば、「彼に会いたい」と言う衝動を理性で押さえ込まなければなりません。

不倫は、身勝手な恋愛。
当人達が幸せならばそれで良い、なんて考えは決してしてはいけません。
大人ならば、して良いことと悪いことの分別はつくでしょう。
理性がくだしたその判断に従ってください。

不倫は多くの人が傷付きます。
相手の奧さんや、お子さん、あなたの家族。
そして何より、あなた自身のプライドや尊厳が傷付いてしまうのです。

アラフォーの女性には、若者にはない魅力があります。
もしも自分の人間関係に不倫の兆しが見えたとしても、ぐっと堪えてください。
せっかく今日まで積み上げてきた経験を無駄にしないよう、自制しましょう。

 

不倫の結末

アラフォーの女性は精神的にも経済的にも自立していると思われがちですが、時には不倫に陥ってしまうことも。
では既に結婚している男性と不倫関係になってしまった場合、一体どうしたら良いのでしょうか。

基本は、「別れる」。
やはりこれがベストでしょう。
しかし残念ながら、不倫をしている全ての女性が不倫相手と別れられると言うわけではありません。

では、不倫相手とどうしても別れることが出来ない場合、どうしたら良いのでしょうか?
不倫による恋愛の場合、選択肢は「別れる」か、「略奪する」か。
単純な話ですが、どちらを選んでも女性の胸には大きな傷が残っているはずです。

なお、相手によっては「妻とは関係が冷め切っている。必ず離婚するから」と言う言葉でたくみに女性を自分へ繋ぎ止めておく男性も少なくありません。
その言葉を信じるかは、あなた次第です。
しかし例えその言葉の通り、彼が奧さんと別れることが出来たとしても、あなたは奧さんへ不貞の償いとして慰謝料を支払わなければなりません。
あなたの家族や友人からも、少なからず責められるでしょう。

成熟したアラフォーの女性は、とても魅力的。
もっと穏やかで、誰からも祝福される恋愛だって出来るはずです。