まずは自分を理解する

恋愛の仕方は人それぞれですが、年代によって関係の築き方や求めるものが変わってくると言うケースは多いです。
若い頃の恋愛は、まだ精神が成熟していないので良くも悪くも自分主体。
喧嘩も多いですが、そこから学んでいくことも沢山あるのでそれ自体は決して悪いことではありません。
しかしアラフォーにもなれば、落ち着いた関係を求める頃。
パートナーに経済的な支援を求めない、自立した女性ならばなおさらでしょう。

しかし、オトナの女性だからって全てを理解や許容出来ると言うわけではありません。
少なからず欠点だって抱えているでしょう。
アラフォーにもなると、自分を見つめ直して欠点や心の隙間を自覚することが出来るはず。
それにより、自分が恋愛に何を求めているのかを理解することも出来るでしょう。
そして、自分がパートナーにどうして欲しいのかが分かっていれば、自分もパートナーに優しくなれます。

重要なのは、何かをして欲しいと言う点ばかりを主張するのではなく、自分も相手の喜ぶことをしてあげること。
特にアラフォー女性と言うことで、男性側も落ち着いた恋愛を求めている人は多いです。
冷静に自分の内面を見つめ直して、自分がどのような恋をしたいのかを分析してみると良いでしょう。

 

イベントのために恋人を作る?

最近では、アラフォーでも独身と言う女性が増えてきました。
結婚をする気は無いけれど、恋愛は楽しんでいると言う女性はたくさん居ます。
しかし、ちょっと前までは二十代で結婚するのが当たり前でした。
当然、現在でも「この年になっても結婚出来ないなんて…」と焦りを覚えている女性は数多く存在します。

恋人探しが特に白熱するのは、やはりクリスマスやバレンタインデーの直前。
恋人同士の行事にパートナーが居ないのは寂しいと言う理由から、恋愛に積極的になる女性は多いです。
しかし合コンやお見合い、婚活パーティーなど、様々な方法で見事恋人をゲットすることが出来たとしても、急造のカップルでは長続きしないことも少なくありません。

アラフォーだからって、結婚や恋愛に焦る必要はないのです。
大事なのは、「この人とずっと一緒に居たい」と思えるパートナーと出会うこと。
恋人同士のイベントを過ごすためのお手軽な恋人を作ったとしても、心の隙間を埋めきることが出来るとは限りません。
イベント中は幸せかも知れないけれど、イベントが終わって関係が冷めてしまったからお別れでは寂しいですよね。

イベントではなく、人生を共にするパートナーを探したいです。