互いを理解し、尊重する

ここ十年で、日本人の恋愛事情は大きく変わってきました。
特に女性の結婚観に関しては、大きく様変わりしています。
最近ではアラフォーやアラフィフで未婚と言う女性はそう珍しくもありません。

現在の日本女性の平均初婚年齢は29歳と言われています。
もちろん、それに伴い男性の平均初婚年齢も上がり、独身男性も増加しています。
このことからも、女性も男性も結婚する時期を引き延ばす傾向があるのは一目瞭然ですが、一方で独身女性が増えているからこそ結婚を強く意識していると言う女性も少なくありません。

アラフォーの女性が恋愛を上手く長続きさせ、結婚まで繋げたいならば、年齢に見合った関係を築くことが重要になります。
特に、互いのプライバシーを尊重することを忘れてはいけません。
アラフォーにもなれば、今までに積み上げてきた人間関係や世界があります。
そこにずかずかと土足で入り込んできた上に、否定的なことを口にするのは禁物。
あなただって、恋人に自分の友人や関係を否定されたら嫌な気持ちになりますよね?

恋愛で重要になるのは、理解と尊重。
簡単なようでいて実はとても難しいことですが、オトナの女性ならではの心の余裕でパートナーに接しましょう。

 

押し付けがましくない恋愛を

十代二十代の頃の恋愛は、とにもかくにも相手が自分をどう思っているのか、どれくらい自分のことを好きでいてくれるかを確認したがるもの。
彼氏が仕事にばかりかまけて自分に構ってくれない、デートに行っても奢ってくれないなどの不満をぶつけて、喧嘩になったことがある女性も少なくないのではないでしょうか?

しかしアラフォーやアラフィフにもなると、恋愛観も随分変わってきます。
恋をしている女性は、精神的にも肉体的にも若々しくなります。
また、安定した職に就き、経済的にも自立している女性の中には、結婚にとらわれないと言う人も多いです。
若々しくありながら、精神的にも経済的にも自立することが出来ているからこその余裕ですね。

アラフォー女性の魅力は、女性として成熟しながらも異性に頼りっきりではないと言うところ。
自分の足で立つことが出来るから、相手に対しても優しくすることが出来るので、年下男性にとっては憧れの存在。

優しくすること、優しくされることを、押し付けてはいけません。
何かをしてもらうのが、あるいは何かをしてあげるのが当たり前になった時、二人の関係はフェアではなくなってしまいます。
オトナの女性らしい、互いに押し付けがましくない恋愛をしましょう。