年の差恋愛は上手くいく?

十歳や二十歳の年の差がある恋愛は、何かと周囲に反対されがちです。
年の差と言うと、若い女性が親子ほども年が離れている女性に恋をする…と言うシチュエーションを想像してしまいがちですが、アラフォーやアラフィフの女性が、ずっと年下の男性と恋愛をすると言うケースだって数多くあるのです。

確かに男女のお付き合いをする場合、年が近い方が話題も多く、価値観も近いでしょう。
しかし、もちろん年下の男性と恋をしたって何ら問題はありません。

年下の男性にとって、アラフォーの女性はちょっとした憧れの存在です。
そこから恋人関係になってもおかしなことではありませんよね。

恋とは、見た目ではなく心でするもの。
特にアラフォーの女性にとって、見た目はさほど重要ではありません。
大事なのは、心を通じ合わせることが出来るか。
価値観が違ったとしても、それを摺り合わせることが出来るか。
その条件をクリアすることが出来れば、年の差を超えた恋愛をすることが出来るでしょう。

成熟した女性にとって、年下の男性は恋人と言うだけではなく、色々なものを与えてあげたくなる存在。
十代や二十代の若い女性と違い、あれしてこれしてと与えられるだけの恋はしないでしょう。

 

感情を素直に出す

最近では、アラフォーやアラフィフでも魅力的な女性がたくさんいます。
仕事をバリバリこなして経済的にも精神的にも余裕があるからこそ、ゆったりとした落ち着いた生活を送ることが出来るのでしょう。
そんな女性達の多くは、もちろん恋愛もしっかり楽しんでいます。
趣味があり、恋が上手くいっているからこそ、私生活も充実。
そんなキラキラ輝く女性を目指したいですね。

当然のことながら素敵な女性になるには努力を重ねる必要があります。
美容、仕事、趣味と、やることは山積み。
しかしやはり一番大事なのは、内面。
恋愛においても、内面がしっかりしているアラフォーの女性は男性の目に魅力的に映るものです。

では、一体どんな女性が魅力的なのでしょうか。
まず重要なのは、ツンとしないこと。
自分の方が年上だから、キャリアが上だからとつんけんしていては、せっかくのチャンスも逃してしまいます。
男性は、成熟した女性の素直で無邪気な一面に思わずドキンとしてしまうもの。
嬉しい時は、その感情を素直に表に出すようにしましょう。

アラフォーだからと言って、変に大人ぶる必要はありません。
ありのままの自分が魅力的であるよう、常日頃から努力を怠らなければ良いのです。

 

内面を磨いてより良い恋愛を

「女性」と言う生き物は、若い時は瑞々しく輝くような魅力がありますが、年を重ねれば重ねるだけ今までにはない新しい魅力があらわれるようになります。
確かに、アラフォーの女性には十代二十代の若者のような魅力はありません。
しかし十年、二十年も長く生きていると言うことは、その分だけ経験が豊富だと言うことでもあります。

年下の男性にとって、アラフォーの女性は自分とはちょっと違う生き物。
男女の性差はもちろんですが、年上の女性は自分にはない経験を重ねているので、若い男性の目には非常に魅力的に映ります。
アラフォーの女性との恋愛から、学ぶところも多いでしょう。

男性も、恋愛から結婚を意識するようになると、見た目だけでなく内面を重視するようになります。
生涯寄り添う人は、やはり見た目よりは中身や価値観を大事にしたいですよね。
ずっと一緒に居ることになるからこそ、綺麗や可愛いだけじゃ駄目。

若者が自分よりも年上の女性を恋愛対象とするかは人それぞれですが、少なくとも同世代の三十代や四十代の男性にとって、アラフォーの女性は精神的にも経済的にも自立した、魅力的な存在。
見た目だけでなく、内面を磨くことでより良い恋を出来るようになります。

 

魅力的な年上の女性

年上の女性に少なからず憧れのような感情を抱いたことがあると言う男性は、とても多いです。
その「憧れ」が恋愛感情に育つことも少なくありません。
もちろん、そこから恋人になると言う人はあまり多くないかも知れませんが、可能性は十分にあります。
特にアラフォーの女性は、精神的にも成熟し、自分の足で立つことが出来る魅力的な存在。
長く生きてきた分、人生経験も豊富で、包容力もあります。
ここではアラフォーの女性の魅力について触れていきます。

アラフォー女性の魅力は、やはり先述の通り豊富な人生経験と、自立した精神。
恋人に寄り掛かるばかりではないので、「あれをして」「これをして」と求めるばかりではなく、パートナーに与えることも出来ます。

また経済的にも自立している女性が多いので、結婚を考えてはいても、男性に養ってもらおうと考えている人は少ないです。
責任をもって働いている女性は、それだけでとても輝いて見えますね。

彼女たちは、様々な経験を経ているので恋愛に対してさほど物怖じをしない一方、礼儀に厳しいと言う人も少なくありません。
別に女性を上司のように持ち上げろ、と言うわけではありません。
ただ礼節をもって接するようにしましょう。