心で繋がる恋愛

最近では、年齢や結婚に縛られない素敵なアラフォー女性が増えました。
メイクも服装も大人の魅力が滲み出ながらも若々しく、もちろん恋も現役。
いつまでも「女」であろうと努めているので、女性の魅力が失われることはありません。
精神的にも自立しているので、十代や二十代の頃のように、むやみやたらに意見を衝突させて喧嘩をすると言うこともなく、互いの意見や価値観を摺り合わせながら話し合うことが出来るでしょう。

若い頃の恋愛は、ついつい見た目を重視してしまいがち。
しかしアラフォーにもなると、見た目よりも中身を重視するようになります。
経済的に余裕があればなお良いですが、女性自身が経済的に自立しているので職業や年収ばかりが重要と言うわけでもありません。

アラフォーにもなると、何もしなければお肌からはりは失われ、くすみやシミも出ていることでしょう。
しかし、そんな状態であっても若々しさを失わない女性はとても多いです。
それは、普段から美容を意識し、良い恋愛をして精神的な充足を得ているので気持ちも若々しく居られます。

肉体だけじゃなく、心を繋ぎ合わせるのが大人の恋。
悲しいことや辛いことを乗り越えてきた大人だからこそ出来る、満ち足りた恋愛です。

 

充実したアラフォーライフを

アラフォーにもなると、やはり十代や二十代の頃に比べて肉体は衰えてきます。
どんなに徹底してスキンケアを行っていても、残念ながらお肌からはどんどんはりや潤いが失われ、しみや皺で年相応の「老け」が表れてきてしまいます。
しかし、アラフォー女性の中にも常にキラキラと輝いていて、恋愛を楽しんでいると言う人はとても多いですよね。

アラフォーの女性には、若い女性には無い魅力があります。
豊富な人生経験や、若い子には持ち得ない包容力で、若い頃とは違う恋愛が出来るでしょう。

どんなに精力的に活動していても、人間である異常、肉体の衰えはどうすることも出来ません。
辛いですが、こればかりは仕方がないことです。
そんな自分を受け入れ、内面を充実させることが重要。

内面を重要視するオトナの女性は、若い子には無い魅力があるのです。
自分の性格や性質を理解しているからこそ、自分磨きも完璧。
そして、内面の重要性を分かっているから、パートナーにも見た目より中身を重視します。

オトナの女性が望むのは、同じ価値観を持ち、尊敬することが出来るパートナー。
女子自身が自立しているからこそ、尊敬出来ない相手には気持ちを寄り添わせることが出来ません。

 

尊敬出来る相手と恋をする

学生や二十代の頃は、付き合って入れる恋人が自分よりも仕事などを優先する、あまりお金をかけてくれない、などを理由に喧嘩をしてしまいがち。
相手が「~をしてくれない」と言うことに不満を持ってしまう気持ちは分かりますが、それは決して相手の愛情が不足しているからと言うわけではありません。

そもそも、「与える」と言う行為で愛情をはかるのは酷く偏ったものの見方でもあります。
相手が自分と同じ価値観を持っているとは限らないのですから。
もしかしたら、愛情の示し方が違うだけかも知れません。

アラフォーにもなると、恋愛の考え方が変わってきます。
相手に尽くしてもらうことよりも、互いを理解し、互いの価値観や生活を尊重し合うことが重要になってくるのです。
格好いいだけじゃダメ、優しいだけでもダメ。
これまでの人生でどのようなものを積み上げててきたのかが重要になります。

オトナの恋愛に欠かすことが出来ない感情は、やはり「尊敬」。
アラフォーにもなれば、勤め先でもそれなりに責任ある立場に居ることでしょう。
責任とプライドは、オトナの女性にとって欠かせないもの。
それは恋愛でも同じです。
出来ることなら、心から尊敬出来る相手に寄り添っていたいですよね。

 

相手の物差しを理解する

「いつまでも愛されていたい」
「恋人に大事にされていたい」

恋愛をする女性の心には、多かれ少なかれそんな欲求があるはずです。
それは十代や二十代の若者だけじゃなく、アラフォーやアラフィフの女性にとっても同じこと。

しかし中には、愛情をあまり表に出さないと言うタイプの男性も少なからず居るのです。
あなたに対して愛情が無いと言うわけではなく、そう言う性質の人であり、彼なりにあなたのことをちゃんと想っていることでしょう。
もしもあなたがパートナーのことを本当に愛しているならば、まずはパートナーのそのような性質まで理解するよう努めましょう。

重要なのは、自分の物差しではなく、相手の物差しを理解して、そこから相手の愛情をはかること。
その上で、相手が自分のことをどう想っているのかを考えるようにしましょう。
十代の少女や二十代の若者では無理でも、人生経験豊富なアラフォーの女性ならば、そう言う恋愛が出来るはずです。

恋愛はあくまで二人でするもの。
どちらかの負担が大きいと、関係がギクシャクしてしまいがち。
お互いを想い合う優しさと忘れず、理解する努力を怠らないようにすれば、二人の関係はいつまでも穏やかなものであれるでしょう。